機構長・副機構長

機構長

1_2016_msasaki

 

機構長
佐々木 真理
Makoto SASAKI
(医歯薬総合研究所 所長)

 


 

副機構長

hitomi

 

副機構長
人見 次郎
Jiro HITOMI
(副医学部長 解剖学講座 人体発生学分野 教授)

 

我々は、沿岸各地を回り、被災地の住民の方々を対象とした健康調査を行い、その結果をお返しすることで、参加された皆さんの健康づくりのお役に立ちたい、さらに、将来に向けて、ゲノム情報や健康情報を活用させて頂き、お一人おひとりにあった予防法を見つけたいと思い、日夜努力しております。ただ、「東北メディカル・メガバンク計画」の実現には、住民の皆さまをはじめ、地域の保健師さん、行政や医師会の皆さまのご理解とご支援が不可欠です。この事業が、真の意味で、皆さまの健康づくりのお役に立てれるように、忌憚のないご意見をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。


 

nakamura

 

副機構長
中村 元行
Motoyuki NAKAMURA
(内科学講座 心血管・腎・内分泌内科分野 教授)

 

「東北メディカル・メガバンク機構」と聞いて、それがどのような組織でどのような事業を担っているかを正確に把握されている方は多くはないものと思われます。私も今回、副機構長の拝命を受けて改めて勉強させていただいているところです。自分なりに解釈すると、①今回の大災害を蒙った地域住民の健康の向上、②合わせてゲノム解析法を用いて将来的に脳・心血管疾患やがんの罹患を改善させようという二つの大きい目標が掲げられているものと解釈しております。この基本を忘れずに本学のみならず被災地域のアカデミアあげての大事業に微力ながら参加させていただきたく思っておりますのでなにとぞ宜しくお願いいたします。


 

2_2016_ogasawara

 

副機構長
小笠原 邦昭 
Kuniaki OGASAWARA
(副医学部長 脳神経外科学講座 教授)

 

引き続きいわて東北メディカル・メガバンクの副機構長を務めさせていただくことになりました。参加者の皆さま、行政の方々、そして機構スタッフが三位一体となり事業に取り組み、予定数のコホートを形成することができました。今後は本事業で得られた成果を、個人あるいは行政に如何に還元していくか、すなわち参加された方々の健康状態を如何に維持・把握していくかが主な事業になります。引き続き、ご協力のほどお願い申し上げます。