イノベーション推進・人材育成部門

部門長あいさつ

部門長
福島 明宗
Akimune FUKUSHIMA
(臨床遺伝学科 教授)

 

当部門ではゲノムコホート研究・医療に携わる人材の育成、生活習慣病における遺伝情報回付の研究を行っています。人材育成では、医師には臨床遺伝専門医(要・基本領域専門医資格)、非医師には認定遺伝カウンセラー(要・大学院修士課程入学)やGMRCの資格取得をサポートする他、ゲノムコホート研究に関する修士・博士課程を開講しています。また、遺伝情報回付研究を通して、次世代医療実現に向けたイノベーションの創出などに取り組んでまいります。


 

メンバー紹介

9_2016_tokutomi

副部門長
徳富 智明
Tomoharu TOKUTOMI
(臨床遺伝学科 講師)

 

当部門では、大規模ゲノム・コホート研究に従事する医療職員への教育プログラムとキャリアパスを提供し、産学官連携イノベーション創出を行います。また遺伝情報の回付に関連する事柄を精査・検討し、参加者の皆さまの健康に役立つよう尽力します。遺伝の専門家として、ゲノム解析の意義を正しく理解する人材を育て、岩手いでん講習会やf-tree®等を通じて地域社会の遺伝リテラシーを向上させ、地域医療復興と次世代型医療体制創出を目指します。


 

遺伝情報回付検討分野
武部 典子
Noriko TAKEBE
(内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌内科分野 講師)

 

東北メディカル・メガバンク計画のコホート調査研究から得られる遺伝情報等を基に次世代医療の基盤を作る事が、当計画の目的の一つでもあります。我が国では、個人の遺伝情報をお伝えするかどうか、また、お伝えする場合の方法や手段、体制について、まだ十分に検討されていません。遺伝情報の回付について慎重に検討を重ね、皆さまお一人おひとりの健康づくりにお役に立てるように努めてまいりたいと思います。


 

医師派遣