イノベーション推進・人材育成部門

部門長あいさつ

7_2016_fukushima

部門長
福島 明宗
Akimune FUKUSHIMA
(臨床遺伝学科 教授)

 

当部門はゲノムコホート研究・医療に携わる人材を広く募集し、希望する医師には臨床遺伝専門医(要・基本領域専門医資格)、非医師には認定遺伝カウンセラー(要・大学院修士課程入学)あるいはGMRCの資格取得をサポートいたします。また大学院(修士・博士両課程)でのゲノムコホート研究に関する充実した教育プログラムも用意しております。これらを通して次世代医療実現に向けたイノベーションを推進していく所存です。


 

メンバー紹介

8_2016_ishigaki

副部門長(遺伝情報回付検討分野担当)
石垣 泰
Yasushi ISHIGAKI
(内科学講座 糖尿病・代謝内科分野 教授)

 

調査にご協力いただいた方々の健康情報の解析が進むと、時には思いもかけなかった病気を疑われることもあります。病気は早期発見が重要なので、メガバンクの調査がきっかけで精密検査の受診や生活習慣の見直しにつながり、健康な生活が維持できれば何よりの幸せです。しかし、中には遺伝的な病気が明らかになることもあります。こうした場合にも正しく対応し、ご家族も含めてきちんと説明させていただけるよう努力していきたいと思います。


 

9_2016_tokutomi

副部門長
徳富 智明
Tomoharu TOKUTOMI
(臨床遺伝学科 講師)

 

当部門では、大規模ゲノム・コホート研究に従事する医療職員への教育プログラムとキャリアパスを提供し、産学官連携イノベーション創出を行います。また遺伝情報の回付に関連する事柄を精査・検討し、参加者の皆さまの健康に役立つよう尽力します。遺伝の専門家として、ゲノム解析の意義を正しく理解する人材を育て、岩手いでん講習会やf-tree®等を通じて地域社会の遺伝リテラシーを向上させ、地域医療復興と次世代型医療体制創出を目指します。


 

yamamoto

山本 佳世乃
Kayono YAMAMOTO
(臨床遺伝学科 助教)

 

遺伝子の情報は難しいことも多く、よく分からないといった印象をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。遺伝学的検査やその結果を少しでも分かりやすくお伝えし、将来の皆さまの健康づくりのお手伝いをさせていただくとともに、人材の育成にも取り組んで参ります。


 

numata

沼田 早苗
Sanae NUMATA
(いわて東北メディカル・メガバンク機構 助教)

 

ゲノムコホート研究にご協力いただいた皆さまの遺伝情報を、病気の早期発見や治療、あるいは発症予防や生活習慣の改善に役立てるお手伝いができればと考えています。また、このような役割を一緒に担ってくれる人材の育成にも関わっていきたいと思います。


 

医師派遣