メガバンク・データ管理部門

部門長あいさつ

部門長代理
佐藤 衛
Mamoru SATOH
(医歯薬総合研究所 生体情報解析学部門 准教授)

 

メガバンク・データ管理部門は、東北大学と協力して本事業へご参加して頂いた地域住民の方々の生体試料(血液・尿など)および健康情報(生活習慣や病気の既往、居住環境、食生活など)を体系的に収集・保存し、将来の医学・科学研究の資としていきます。日本の医療に貢献できる本邦最大の健常人バイオバンクを構築し、次世代型医療(個別化医療、個別化予防)の実現化を目指します。


 

メンバー紹介 

副部門長
西谷 直之
Naoyuki NISHIYA
(薬学部 情報薬科学講座 教授)

 

多くの地域住民の皆さまには生体試料や健康情報をご提供いただき誠にありがとうございます。今後、診療情報・薬剤服用歴といった医療情報を追加し、さらなる事業円熟の段階に入ります。
昨今では、医薬品の効果や副作用の追跡調査の重要性が増しています。本事業で長期にわたり集積・解析された医療情報は、世界的にも類をみない生体試料・情報バンクに成長し、一人ひとりの体質に合わせた次世代型医療の礎となります。


 

副部門長
大桃 秀樹
Hideki OHMOMO
(いわて東北メディカル・メガバンク機構 特命講師)

 

メガバンク・データ管理部門では、堅牢なシステムを構築し、地域住民の方々からご提供いただいた生体試料や健康調査データを体系的に保存、保管管理しています。本事業で目指す個別化医療、個別化予防の実現のため、研究基盤となる生体試料や健康調査データの保存・管理を徹底して参ります。


 

事崎 由佳
Yuka KOTOZAKI
(いわて東北メディカル・メガバンク機構 特命助教)

ヒトのこころの健康について、こころの変化とバイオマーカーの関係性や、新しい治療法・予防法と、他の治療法・予防法を行うグループを比べて、病気と関係があると考えられる要因とこころの変化、バイオマーカーの変化を研究していて、最近では園芸療法を用いた震災被災者の心理支援・研究に従事してきました。
今までの経験を活かしつつ、新たなスキルを培いながら研究・教育業務に邁進していきます。


 

大友 亮
Ryo OTOMO
(いわて東北メディカル・メガバンク機構 特別研究員)

 

個々人が持つ遺伝情報には少しずつ違いがあり、この違いを理解することは患者さん一人ひとりに合わせた新規治療法や疾患予防法の開発に繋がります。私はこれまでに培ってきたがん研究の経験を活かして、地域住民の皆様から頂いた生体試料を解析することで、個別化医療・個別化予防の開発の基盤となる研究を推進したいと考えています。


 

バイオバンクについて