臨床研究・疫学研究部門

部門長あいさつ

部門長
坂田 清美
Kiyomi SAKATA
(衛生学公衆衛生学講座 教授)

 

臨床研究・疫学研究部門は、対象地域にお住まいの方から参加者を募集し、参加時の基本的な情報(ベースライン情報)を収集するとともに、参加者に結果をお返しし、健康管理に役立てていただくお手伝いをします。また、脳卒中や心筋梗塞の発症等の情報を登録して研究に活用することが主な仕事となります。この研究により、どのような環境要因・遺伝要因が生活習慣病や心の病、子供の病気と関連があるのかを明らかにすることが期待されています。


 

メンバー紹介 

副部門長(臨床疫学推進)
大塚 耕太郎
Kotaro OTSUKA
(神経精神科学講座 教授)

 

この取組では震災ストレスと健康との関連を明らかにし、被災地の長期的な健康づくりにつなげていくことが期待されています。住民の皆さまが健康な生活を享受できるよう、努力していきたいと思います。地域の皆さまと一緒に歩んでまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。


 

3_2016_tannno

副部門長(地域住民コホート分野担当)
丹野 高三
Kozo TANNO
(衛生学公衆衛生学講座 准教授)

 

おかげさまで、平成25年度から開始しました健康調査には、岩手県から約33,000人の方にご参加いただきました。本調査にご理解、ご協力いただいた皆さまには心より感謝申し上げます。今後は、参加された皆さまの健康状態を長期に追跡いたします。そして、参加された皆さまはもちろんのこと、地域にお住まいの皆さまの健康づくりにお役立ていただけるような情報の創出、一人ひとりの体質に合った病気の予防法や治療法の開発、提供に努めてまいります。今後ともご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。


 

副部門長(サテライト運営分野)
佐藤 衛
Mamoru SATOH
(医歯薬総合研究所 生体情報解析部門 准教授)

 

被災地域への医師派遣などの医療支援およびメガバンクサテライトでの詳しい健康調査・健康相談を通じ、被災地域の皆様にさらに一歩寄り添った支援活動を目指しています。皆様のサテライトでの健康調査および健康相談へのご参加をお待ちしております。


 

immweb_hashizume161005

サテライト運営分野
橋爪 公平
Kouhei HASHIZUME
(眼科学講座 講師)

 

高齢化社会を迎えた我が国にとって、“健やかに老いること”が重要なテーマです。眼科医の立場からは、生涯に渡ってその人の見る力を維持し、その人の生活の質を保ち、その人が人生の楽しさを享受できることが、最高の喜びです。
東北メディカル・メガバンク機構の健康調査、研究を通して、皆さまの健康に貢献できるよう粛々と努力していきたいと思います。


 

地域住民コホート分野
佐々木 亮平
Ryohei SASAKI
(衛生学公衆衛生学講座 助教)

 

東日本大震災により改めて見直されている「絆」ですが、「ほだし」という読み方もあるそうです。意味は「手・足かせ、束縛、迷惑」で、単につながっているだけでなく、ある意味、迷惑と感じることもある関係性も存在することで、お互い様の感情が生まれ、真のつながりとして人の健康や地域づくり(復興)を支えているのだと思いました。私もこれまで以上に地域の皆さんと一緒に考え続け、活動を継続していきたいと思います。


 

takanashi

地域住民コホート分野
高梨 信之
Nobuyuki TAKANASHI
(いわて東北メディカル・メガバンク機構 助教)

 

私は岩手県沿岸部で生まれ、地域の方々に温かく見守られながら育ちました。震災後、長い月日が経過しましたが、今まさに各地で新しいまちづくりが進められています。まちづくりは健康から。心や体が健やかに、老若男女、様々な方々が役割や生きがいを持って暮らせる「まち」を創るため、私たちは健康調査・研究といった形でサポートを続けさせていただきたいと思います。


 

地域住民コホート分野
事崎 由佳
Yuka KOTOZAKI
(いわて東北メディカル・メガバンク機構 特命助教)

 

ヒトのこころの健康について、こころの変化とバイオマーカーの関係性や、新しい治療法・予防法と、他の治療法・予防法を行うグループを比べて、病気と関係があると考えられる要因とこころの変化、バイオマーカーの変化を研究していて、最近では園芸療法を用いた震災被災者の心理支援・研究に従事してきました。
今までの経験を活かしつつ、新たなスキルを培いながら研究・教育業務に邁進していきます。


 

追跡調査について

二次調査について